防音のために気を付けないといけないこと

Posted by | Filed under 不動産・賃貸 | 2月 12, 2014 | No Comments

賃貸物件を探すときに防音対策がどのくらい施されているのか気になる人も多いかもしれません。騒音のトラブルは賃貸に住んでいると避けることができない問題になりますので契約を結ぶ前にどのくらいの防音効果があるのか知っておきたいところです。お金に糸目をつけないといったときには家賃の高い特別な防音対策が行われている部屋を借りればいいのですが、それなりに家賃の安いところで防音効果の高い部屋を見つけるとなると大変です。

基本的にアパートよりもマンションのほうが防音効果は高くなります。マンションはコンクリートが使われているタイプのものも多く、特に築浅物件となると劣化もしていないため防音効果が高くなります。アパートは壁が薄かったりする理由で隣の騒音が聞こえてしまうし、自分の音も隣に漏れてしまうことがあります。音に悩まされたくないといった人は築浅の賃貸マンションを探してみるといい物件が見つかると思います。

部屋の防音対策に関しては実際に部屋を確かめて契約することが大事です。下見をしたときに部屋の中に入れてもらうことができますので、その時に隣の住人の騒音がどのくらい響いてくるのか確かめてみてください。外で工事をしているときや線路がすぐ隣を走っていると夜中もつらいので音の原因となるものが近くにない物件を探してみることも大事です。


 

Leave a Reply

Name (required)